お客様へ安心を届けるために

“Made in JAPAN”と
“生産加工者の顔の見えるものづくり”

日本国内で初めてカフェイン除去に成功した技術とデカフェ加工を専門に行う自社工場が可能にした、確かな品質のデカフェコーヒーが、他にはない私たちの強みです。

HISTORY 商品開発ヒストリー

2016年春、私たちは当時日本でのシェアが1%未満だったデカフェコーヒーをより広めるため、日本国内でカフェインを除去する研究を始めました。大切にしたのは人にも地球にも優しいプロセスであること。水と二酸化炭素(炭酸ガス)のみを使用するGREEN DECAF PROCESS™(グリーンデカフェプロセス)を開発し、お客様により安心して飲んでいただけるデカフェコーヒーにたどり着きました。そして、Made in JAPANのDECAFデカフェ/CAFFEINELESSカフェインレス/COFFEEコーヒーを届けたいという思いを込め、それぞれの頭文字を取り、デカフェコーヒー自社ブランドを「DECACO」と命名。日本国内で初めてカフェイン除去に成功した、自社商品の販売を開始しました。

TRACEABILITY 確かなトレーサビリティ

私たちがカフェイン除去プロセスを開発するまで、日本に流通していたデカフェコーヒーはほぼ海外からの輸入品でした。コーヒーはお客様に安らぎを提供する商品だからこそ、私たちケー・イー・シーグループは日本国内でカフェインを除去し、「いつ、どこで、誰が」作ったのかがわかるようトレーサビリティを明確にしています。またカフェイン除去を行うデカフェ和泉工場ではコーヒーからカフェインを除去する食品加工以外は行っておらず、また製造工程においても薬品を一切使用しておりません。人にも地球環境にも優しい技術を用い、より安心安全なデカフェコーヒーをお客様へ商品を提供するため、製造から出荷まで厳しい品質管理を行っています。

「また飲みたくなる」
デカフェコーヒーを目指して

DECACOは従来のカフェイン除去方法とは異なり、コーヒー生豆に負担をかけず、旨味を残し選択的にカフェインを取り除いています。今までのデカフェコーヒーでは本来あまり感じることのできなかった産地特有の風味や、コーヒー豆の酸味や甘みもしっかりとらえることのできるコーヒーに仕上げています。ついついコーヒーを飲みすぎてしまうコーヒー好きの方も、しっかり味に納得してデカフェを生活に取り入れることができるように、DECACOは味にもプロセスにも妥協しない「また飲みたくなるコーヒー」を追求しています。

全員が使えるクーポンの画像