デカフェをおすすめする理由

近年、健康志向の高まりもあり、注目を集めつつあるデカフェ。カフェインの影響を抑えながら、飲むことのできるドリンクとして、毎日の生活に取り入れるスタイルが話題となっています。カフェインの摂取量を減らしたい場合や、目的に合わせて飲む時間帯を工夫することにより、カフェインによるデメリットを避けることができます。

カフェインの特徴

カフェインとは主にコーヒーや緑茶に含まれる成分で、以下のような効能があります。

  • 覚醒作用
  • 血管拡張作用
  • 交感神経刺激(基礎代謝促進)
  • 胃酸分泌促進作用
  • 利尿作用

※日本コーヒー協会より引用

カフェインのデメリット

適切に取り入れると良い効果のあるカフェインですが、デメリットもあります。

  • 遅い時間に飲んでしまうと、寝付きが悪くなり、眠りが浅くなってしまう
  • 鉄分不足を引き起こしてしまい、貧血を促すことがある
  • 胃液の分泌を促す作用があるため、空腹時は胃を荒らしてしまうことがある

など 

デカフェのメリット

デカフェはカフェインを除去しているので、カフェインの影響を軽減することができます。

メリット1

カフェインが除去されているので、覚醒作用が少なく夜ぐっすりと眠ることができる

メリット2

利尿効果が抑えられるので、長距離の移動の際にも安心して飲むことができる

デカフェは、妊婦さんはもちろん、1日に何度もコーヒーを飲む方にもぴったりの飲み物です。あなたの生活に取り入れて、健康で美味しいデカフェ生活を楽しんでみてはいかがでしょうか?

デカフェ・カフェインレス・
ノンカフェインの違い

最近ではデカフェ、カフェインレスやノンカフェインと表示されるドリンクも多く販売されています。似たような言葉ですが、この3つにはそれぞれ違いがあります。

デカフェ

デカフェ(英語:decaf)とはdecaffeinatedを略した言葉で「カフェインを除去した」という意味です。もともとカフェインが含まれている原料から、カフェインを除去した飲み物を指します。日本ではカフェイン除去率90%以上の飲料をデカフェと表示することができます。(全日本コーヒー公正取引協議会、レギュラーコーヒー及びインスタントコーヒーの表示に関する公正競争規約)
(デカフェコーヒー他)

カフェインレス

カフェインレスとはデカフェと同じような使われ方をしますが、日本独特の表現のようです。カフェインを含むものからカフェインの除去した飲料に加え、元からカフェイン量の少ない飲み物についても指します。

ノンカフェイン

もともとカフェインが含まれていない原料や飲料のことを指します。
(麦茶、ルイボスティー、たんぽぽコーヒーなど)

カフェインコントロール

カフェインコントロールとは、カフェインの摂取量をゼロにするのではなく、摂取する量やタイミングをコントロールして、健康に配慮をした生活を楽しむ考え方です。デカフェを適度に取り入れることで、ストレスなくカフェインの摂取量をコントロールすることができます。

全員が使えるクーポンの画像